惜しいね

大谷ね。こういう上二刀流を続けたほうが良いのか?っていうのはあるけれどもね。何とか?とね。
これは何かとあるのでしょうね。165隔たりを投じるタイミングできるので、投手というのもあるし、打者でですけれども、そうなれば毎日確かめるタイミング望めるというタイミングね。
ここからは個人的にね。
おいらは二刀流の前提として、特に野手で基準打席は到達するタイミング。これは最少ですタイミング。きっちり基準打席回数を上るためには、先発投手でやることは無理でしょうね。
となると、二刀流するには、リリーフ投手。クローザーで行くことしか更にテクはないはおもう。
1戦争MAX30球までで。というため、それから、実にMAXで手っ取り早い球をステップ配布を考えないでやること。
8回までDHもしくはファースト、レフト若しくは明かりでスタメンで、9回1イニング、クローザーででるというタイミング。そうするしかないのかな?というね。
先発投手で投げない場合でないっていうのは、悔しいね。本気で痩せたい

婚活という言明も定着

もはや「婚活」という言い方も定着してきましたね。昔は、「お見合い」とか「合コン」とか言ってましたけどね。あっ!「合コン」は、別途ブライダルが基準ではないから、違うのかな(笑)

結婚するために活動する案件・・・これが「婚活」になるのかな。

もはや随分と前の言明だから、参考にならないかもしれませんが、私の店舗の後輩が、その「 婚活」に燃えてある時世がありまして、いわゆるブライダルミーティング所に登録して、デートしてみたり、婚活パーティーをめぐってみたりしていたようです。

そこは、ひと度自分の事を各種面から細かに記入していきます。そうして届け出。そうして集められたデータの中から、会って話してみたい他人をピックアップして、デートのおぜん立てをしてもらうのだそうです。

以後、己というユーザー両者のモチベーションを、別個ミーティング所にいうわけです。

たとえば、ユーザーがアリで自分が苦悩消息筋の時は、月日有でキープして置き、他人と逢うことも可能なんだそうです。・・・話を聞いていて、何だか複雑な気持ちになってきました。

実質、その後輩は、いまだに独り身だ(泣) 何かと一大んだと思いますが、ブライダルは場所ではなく、発だ。

「婚活」で頑張り過ぎて、燃え尽きないように気をつけてくださいね。http://z-flux.net/